マルセイユ石鹸とは?本物の見分け方、洗える部位、効果など徹底解説!

マルセイユ石鹸とは?デリケートゾーン
デリケートゾーン

マルセイユ石鹸とは?本物の見分け方、洗える部位、効果など徹底解説!

この記事では、フェムテックエキスパート(日本フェムテック協会認定資格)保有の女性スタッフが、マルセイユ石鹸ついてご紹介しています。
乾燥肌や敏感肌でお悩みの方をはじめ、全ての女性におすすめの記事ですので、ぜひ最後までお読みください。

マルセイユ石鹸の定義

「マルセイユ石鹸」とは、ヨーロッパのフランス南部に位置する町でフランスの最大港湾都市でもある、マルセイユ(Marseille)地方で生まれた、伝統的な製法を守りながら作られている石鹸のことをいいます。
なぜ石鹸に地域の名前がついているのか?その意味などについても詳しくご説明します。

マルセイユ石鹸の起源はフランスのルイ14世と所縁があった!?

その歴史は非常に長く、1600年代に当時フランス王であったルイ14世が、マルセイユを高級石鹸の生産地としての地位を築き、石鹸製造が完璧であるようにと、厳しい製造基準の王令を定めたところまでさかのぼります。

当時はこんなに厳しかった!ルイ14世が定めたマルセイユ石鹸王令
  • フランス・マルセイユ地方で製造すること
  • 暑さによる品質低下を防ぐため、夏場(6~8月)の製造を禁止
  • 原料であるオリーブの収穫は、果実が熟れる5月2日以降のものであること
  • 原料油脂はオリーブオイル以外は使用を禁止

これほど厳しい製造方法を守るのは当時とても大変だったことでしょう。
もしも生産者が王令を破った場合は石鹸を没収されるなどの厳しい罰則が与えられたといわれています。

現代では、当時ほど厳しくはないものの、全盛期には生産者は100社近くあったといわれていたサボネリー(石鹸やさん)は、現在ではたったの数社まで減っています。

現代ではオリーブオイル〇%以上が本物のマルセイユ石鹸

現代において、マルセイユ地方で伝統の製法を守る「本物の」マルセイユ石鹸と呼べる条件は、石鹸に使われる油脂の100%がオリーブオイルでなければならなかった当時から、72%以上をオリーブオイルで賄っていればよいというところまで緩和されています。

ただし、釜炊きけん化法という製法で長時間手間ひまかけて、「防腐剤不使用・無着色」で製造されているという条件なども色濃くのこっており、そんなこだわりの強いところもマルセイユ石鹸として名を誇れる所以なのではないでしょうか。

人工保存料・合成香料入りでもマルセイユ石鹸

現在製造条件が緩和されていることもあり、マルセイユの名前のつく石鹸は巷でよく見かけるようになりました。
なかには、完全にマルセイユ以外の土地で製造されたものを「マルセイユ石鹸」として売り出されているものもあります。

また、確かに条件はクリアしているものの、人口保存料や合成香料を配合しているマルセイユ石鹸があります。
このような場合でも、マルセイユ石鹸と呼べてしまうため、マルセイユ石鹸というだけで安全と決めつけて、安易に手に取るのは少し不安が残りますね。

効果は人それぞれ。でも無添加のマルセイユ石鹸なら肌に優しく、洗浄力も◎

マルセイユ石鹸といえば、洗浄力と保湿力が高いことが特徴的です。
ただし、肌に合う合わない、効果が感じられるという点はやはり個人差があります。
添加物のない純度の高いマルセイユ石鹸であれば、肌にも優しいため安心してお使いいただけるうえ、洗浄力も期待できます。

次の章からは、マルセイユ石鹸で洗ってもよい部位とだめな部位についてご紹介していきますね。

マルセイユ石鹸で洗ってもいい部位・だめな部位

マルセイユ石鹸で洗顔はOK?

マルセイユ石鹸で洗顔することは、特に問題はありません。とくに肌質に関係なく、すべての肌質の方にお使いいただけます。
洗顔料や石鹸ではかゆみが出ていたという人でも、マルセイユ石鹸であれば問題なかったという声もあります。
洗顔するために泡立ちがあまり良くない場合は、泡立ちネットを使えば十分な泡ができますので、優しく洗ってあげましょう。

マルセイユ石鹸でシャンプーして髪を洗うのはOK?

近年環境への配慮や、添加物に気を付けて固形のシャンプーを使用する方がおられます。
マルセイユ石鹸も固形石鹸ですから、洗い流す際に環境への影響も少なくてよいですよね。

髪を洗うためのシャンプーとしてマルセイユ石鹸を使う場合は、オイリーヘアの方には洗浄力が弱く感じることがあるかもしれません。
また、洗い上りは市販のシャンプーに入っているようにつるんとまとまるための成分が入っていないこともあり、若干きしむ可能性もあります。
ただし、決して使ってはいけないというわけではないため、マルセイユ石鹸でシャンプーする場合はトリートメントやコンディショナーで指通りを整えることをおすすめします。

マルセイユ石鹸でデリケートゾーンを洗うのはOK?

マルセイユ石鹸で体を洗うのはもちろんOKです。では、デリケートゾーンも洗ってもよいものなのでしょうか?

答えは「イエス」です。ただし、デリケートゾーンは他の皮膚よりも薄くて敏感なので、もしも沁みたりかゆみを少しでも感じた場合は、使用を中断しましょう。
そもそもデリケートゾーンの粘膜を石鹸でごしごし洗うことは膣内の自浄作用を弱めてトラブルの原因になります。絶対にしないでくださいね。

子供や赤ちゃんに使うのはOK?

本物のマルセイユ石鹸で、添加物ができるだけ入っていないものであればお子様や赤ちゃんに使っても問題ありません。
固形石鹸ですから、ネットでしっかり泡立てて優しく洗ってあげましょう。

上記のことから、家族全員が安心して使えるマルセイユ石鹸を選びたいですね。

マルセイユ石鹸はどこで買える?

マルセイユ石鹸についてわかったところで、実際にはどんなところで手に入るのでしょうか?

ダイソーで買えると話題になったマルセイユ石鹸(実際の写真)

ダイソーに突如として現れたマルセイユ石鹸。販売開始された当時もSNSで非常に話題になり、人気過ぎて売り切れ店舗が続出したこともあるそうです。
こちらは2022年4月時点も販売されており、マルセイユ石鹸メーカーが製造、植物由来のオイルが72%以上使用されています。それ以外の成分については、手に取る際によくチェックしてみてください。

また、すべての店舗にあるとは限りませんので、注意してくださいね。

ドン・キホーテでも手に入るマルセイユ石鹸(実際の写真)

ドン・キホーテでも、マルセイユ石鹸が手に入るとでも、マルセイユ石鹸が手に入るとの噂もあります。こちらもすべての店舗にあるとは限りませんので、実際に足を運ぶ際は注意してくださいね。

オンラインショップでも本物のマルセイユ石鹸が手に入る

そのほかのマルセイユ石鹸を手に入れる手段としては、オンラインショップがあります。

当店(フェムテック専門通販のPIBOLA.)では、本場マルセイユで100年以上前から続く製造機を使用して、伝統の製法を守りながらひとつひとつ丁寧に作られているLICORNE社(リコーヌ)のマルセイユ石鹸を販売しています。

実際のLICORNE社での作業風景

容量は50gと150gの2種類から選べて、香りは5種類(ハニー・オリーブ・ラベンダー/バーベナ・シトロン/グレープシード/グリーンティー/オリーブ)あり、優しい香りに包まれながらお風呂の時間を楽しめます。

LICORNEのマルセイユ石鹸を使っていただいた方の感想をご紹介します♪

自分用にもプレゼント用にもオススメです

さちこさん 30代 女性

評価: ★★★★★ 体を洗うときは市販の液体ソープを使っていましたが、頂き物でこのマルセイユ石鹸を使用したところ、肌の水の弾き方が全然違って感動しました。 使い続けるうちに、肌の痒みや乾燥もなくなり、今では市販の液体ソープに戻れなくなってしまいました。 また私は香水などの強い香りが苦手ですが、このマルセイユ石鹸は優しい香りなので、ストック分は芳香剤として玄関に置いています。 家に帰るたびに良い香りがして癒されています。 「フランスの歴史ある石鹸」という肩書きがオシャレで話題性もあり、価格帯やサイズ感がちょっとしたプレゼントとして使いやすいところも気に入っています。

ギフトボックスはちょうどいい価格とサイズ感で、好評です♪
また、種類ごとに優しい香りが特徴で、芳香剤としておいておくのもよいですね。
使い始めたらその使い心地の良さにやめられなくなるかも。

安心安全な本物のマルセイユ石鹸はフェムテック専門通販のPIBOLA.で。家族みんなで全身洗って気持ち良いお風呂タイムを過ごしましょう♪

本日のまとめ
  • マルセイユ石鹸は400年以上前から厳しい製法を守る伝統の石鹸
  • 現在は72%以上オリーブオイルを使用していれば「マルセイユ石鹸」
  • マルセイユ石鹸は赤ちゃん~大人まで、全身に使える
  • できるだけ添加物の少ないマルセイユ石鹸を選ぶのが安心安全

本日ご紹介したマルセイユ石鹸はこちらからお買い求めいただけます。

PIBOLA.
女性特有のデリケートなお悩みに優しく寄り添う通販サイト【ピボラ】
女性特有のお悩み相談を受け付けています
個別回答 or 記事内でご回答します

コメント

タイトルとURLをコピーしました